育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】

ノコギリヤシは育毛に効果ある?【育毛剤としての効能は高い?】

ノコギリヤシってどんなもの?


ノコギリヤシは、北アメリカから中南米に自生するヤシ科の植物で、高さは2mから4mでギザギザした葉をつけるところから、ノコギリヤシという名前で呼ばれるようになりました。

晩秋から初冬にかけてオリーブくらいの大きさの果実がみのるのですが、先住インディアン達は果実を採集して搾り、食用油やランプの灯に使っていました。

又、古くから薬効成分に注目されていて、乾燥させた果実を健康維持や精力回復薬として利用していたようです。

ノコギリヤシの効能は

19世紀に入り、北米大陸に移住した欧州人が先住インディアンがノコギリヤシの果実を利尿剤や強壮薬として利用していることに注目して研究した結果、その効果を確認しました。

現在、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スウェーデン、ベルギー、ハンガリー、モナコ王国などのヨーロッパの国々では、ノコギリヤシは前立腺肥大症の治療薬として認可されています。

(日本では栄養補助食品のサプリメント扱いですが・・)

前立腺肥大症とはどんな病気?


ここで、ちょっと育毛から離れますが、お付き合い下さい。

前立腺肥大症とは男性特有の症状で、加齢と共に減少する男性ホルモンのバランスが乱れることによって発症します。

前立腺が肥大すると、尿が出にくい、出始めるまでに時間がかかる、残尿感などの”排尿困難”と呼ばれる症状がでます。

治療方法はホルモンバランスの乱れを改善することが有効なので、日本では化学合成されたホルモン系や交感神経に働く薬品の投与が主流でした。

これが、ヨーロッパではノコギリヤシだったのです。

ですから、ノコギリヤシにも男性ホルモンのバランスの乱れを改善する効果があるということになりますね。

前立腺肥大症とその治療ついて大まかな流れは、ご理解いただけたと思います。
もう少しで薄毛治療の話につながりますから、今暫く、お付き合い下さいね。

前立腺肥大症を治療すれば薄毛も治る?!

では、もう少し前立腺肥大症についてお話しましょう。

前立腺肥大症を起こす原因因子は“5αリアクターゼ”と呼ばれる悪玉酵素です。

あれ?

薄毛に悩む人ならば“5αリアクターゼ”って、どこかで聞いたことがありますね。

そうです!

薄毛の原因となるDHTの材料です。

この悪玉還元酵素”5αリアクターゼ“は頭皮の毛乳頭内にもたくさんあり、体内の”テストステロン “と呼ばれる男性ホルモン結びつくことによって”ジヒドロテストステロン(DHT)“が生成されます。

これが強力な“脱毛ホルモン”であり、前立腺肥大症の原因なのです。

ですから、前立腺肥大症を治療するには”5αリアクターゼ”の働きを阻害すれば良いわけです。

ヨーロッパで前立腺肥大症の治療薬として認可されているノコギリヤシは、“5αリアクターゼ”を抑制する働きがあるということなのです。

どうです!!

前立腺肥大症と薄毛治療がつながってきたでしょう?!

前立腺治療薬と育毛剤


現在、AGA(男性型脱毛症)の治療薬というと、フィナステリド(日本ではプロペシア)とミノキシジルです。

ミノキシジルは血管を拡張させて血流を増加させる効果があり、元々は高血圧の経口薬でした。

同様にフィナステリドも1992年にアメリカで前立腺肥大症の治療薬“プロスカー(5mg錠)という商品名で認可されました。

その後、AGAにおいても毛髪の成長に効果があることが認められ、1997年にAGA治療薬としても認可されています。

そのメカニズムは、悪玉還元酵素“5αリアクターゼ”を抑制することによってDHTの生成を妨げるものなので、効果の度合いに違いはありますがノコギリヤシと同様の効能があるということになります。

ですから、フィナステリドもノコギリヤシも、どちらも前立腺肥大症の治療薬であり、薄毛予防にも効果があるということなのです。

ノコギリヤシとフィナステリドは、どっちが良い?


フィナステリドは化学合成された医薬品なので、ノコギリヤシよりは効き目は強いはずです。

反面、化学合成薬には“副作用”がつきものです。

フィナステリドは日本国内では販売されていないのでプロペシアを服用することになりますが、副作用としては男性機能障害や胃部不快感、希に肝機能障害などが報告されています。

これに対して、ノコギリヤシは天然成分なので効き目は急激ではありませんが、副作用の心配も少ないのがメリットです。

コストの面では、プロペシアは保険適用外なので全額自己負担になります。

医師の診断を受けて処方箋を書いてもらうための診察料と、調剤薬局に支払う薬品代を合わせると、1ヵ月9,500円~13,000円程度の出費になります。

一方、ノコギリヤシは日本ではビタミン剤と同じ健康食品扱いなので、処方箋なしでドラッグストアやネット通販で簡単に入手できます。

価格も数千円程度ですむので、おサイフにも優しいですね。

又、プロペシアは未成年には処方できません。

薬品説明書によりますと、「女性は服用してはいけません。触ってもいけません」と冗談のような記載がありますwww

男性ホルモンに影響を与える薬品なので、未成年は発育に支障が出ることが懸念されますし、女性もホルモン異常の恐れがあるのだと思います。

結論!総合的にみて一番おすすめできる育毛剤は?

osusume2 toprank1
toprank022toprank3 toprank044 button
育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】 > もっとできる育毛対策 > ノコギリヤシは育毛に効果ある?【育毛剤としての効能は高い?】

関連記事

  1. 育毛剤はなぜ効果ある?薄毛のメカニズム解説【AGA対策とは?】
  2. 育毛剤ブブカの効果は?ネット口コミ評判で1位?【使い方は?】
  3. 育毛剤の有効成分ミノキシジルとは?【血行促進と育毛の関係】
  4. 育毛剤にはどんな効果がある?【ヘアサイクルのメカニズムは?】
  5. リアップの効果は本当?副作用はないのか?【口コミ徹底分析】
  6. 育毛剤で髪が戻る?おすすめの育毛剤とは?【芸能人の成功例】
  7. 育毛剤の返金保証って本当?使用後でも大丈夫?【注意点は?】
  8. 育毛剤男性に人気なのは?チャップアップとブブカ比較【口コミ】
  9. 育毛剤男性におすすめは?口コミで選んだ市販商品【効果あり】
  10. 育毛剤と発毛剤と養毛剤の違いとは?効果は?【併用って可能?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)