育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】

育毛剤はなぜ効果ある?薄毛のメカニズム解説【AGA対策とは?】

髪の毛の構造


頭髪は、もともと皮膚の一部が変化してできたもので、毛の部分と頭皮の中にある毛根に分けられます。

植物にあてはめると、茎と根といったところです。

発毛や育毛に関しては毛根が重要で、深い毛根ほど良い状態なのですが浅いと充分に育つ前に抜けてしまう事が多くなります。

発毛のしくみ

毛髪は毛根部にある“毛母細胞”から作られますが、毛母細胞の中には“毛乳頭”と呼ばれる組織があり、毛乳頭は毛細血管の血流に乗って送られてくる栄養分や酵素を受取り、それを元にして毛母細胞に「髪の毛を作れ!」という命令を出します。

命令を受けた毛母細胞は24時間ずーっと細胞分裂を行い続け、分裂した細胞が固い毛に“角化”することで毛髪が形成されていくのです。

ですから、何らかの理由で毛乳頭に栄養分や酵素が届かなくなったりすると毛乳頭から“発毛命令”が送られなくなりますし、そうなると新たな発毛は期待できなくなってしまいます。

発毛とヘアサイクル


人間の髪の毛は、“生えて抜ける”を繰り返しています。

ですから、生まれたときの髪の毛がずっと維持されているわけではありません。

生えた髪の毛が長く育っていき自然に脱毛するまではおよそ3年から7年ほどかかり、毎日50本から60本ほど、自然に髪の毛が抜けると言われています。

この周期をヘアサイクルと言い、それぞれ4つの過程に分けることができます。

・成長期:毛母細胞が毛乳頭から発毛命令を受けて細胞分裂を開始して成長を始める。
・退行期:毛母細胞の活動が弱まり止まる。
・休止期:次の世代の毛髪が生えてくることで休止期である前の世代の毛髪が押し上げられて抜ける。

毛髪はひとつの毛穴から3~5本生えると言われています。

それぞれの毛髪には独立したヘアサイクルがあるので、毛穴単位で脱毛するわけではありません。

男性では3年から5年周期、女性は4年から6年周期でヘアサイクルが繰り返されます。

薄毛のメカニズムとは?


毛根部分が正常に機能していれば、ヘアサイクルは正常に繰り返されるので毛髪は維持されるのですが、何らかの理由でヘアサイクルが乱されると生えてくる毛髪より抜け毛の数が多くなり、現存する毛髪が減っていってしまいます。

その結果、現存する毛髪連続的に少なくなっていくので、“薄毛”が進行していくのです。

この乱れたヘアサイクルを改善することで薄毛を治療するのが、育毛剤の目指すところなのです。

薄毛の原因

薄毛の原因と言われているのは、食生活や生活習慣からくる皮脂が過剰分泌される事による頭皮の毛穴の詰まりや炎症などがあります。

喫煙、飲酒、脂っこい物の食べ過ぎなどが原因と言われています。

又、現代人に多いと言われる“ストレス”も原因のひとつです。

人間はストレスを感じると体内では「攻撃された」という認識が起こり活性酸素が多く生成されます。

活性酸素は、少量ならば病原菌やウィルスを攻撃してくれる“頼もしい味方”なのですが、過剰に生成されると健康な自分の細胞を攻撃してしまうので老化を促進させてしまいます。

当然、毛根にも影響は出てしまいますね。

更にストレスでイライラや不安を抱えたままだと、睡眠にも支障がでてしまいます。

人間は、夜10時から翌2時までの4時間に細胞が再生されると言われています。

この時間は“ゴールデンタイム”と呼ばれるほど貴重な時間なので、この4時間に睡眠を取っているということはアンチエイジングに重要なのです。

男性に多い薄毛の原因


薄毛を気にしている人は、AGA(男性型脱毛症)という言葉を知っていますね。

体内の”テストステロン(DHT)“と呼ばれる男性ホルモンが毛乳頭内にある”5αリアクターゼ“という悪玉還元酵素と結びつくことによって”ジヒドロテストステロン(DHT)“が生成されます。

これが強力な“脱毛ホルモン”なのです。

頭皮内で、この脱毛ホルモンDHTが増加すると、ヘアサイクルの成長期が急速に短縮され、すぐに退行期から休止期、脱毛へと誘導されてしまいます。

繰り返すことによって髪を作り出す“毛包”の成長が不十分になり、次第にコシがない毛質になっていき、やがては充分に成長する前の細くて短い毛髪のまま抜けていくことになるのです。

育毛剤が目指す効果とは?


まずは、AGA対策です。

悪玉還元酵素“5αリアクターゼ”の分泌を抑制すれば脱毛ホルモン“DHT”は生成されないので、ヘアサイクルが正常に戻せる可能性が出てきます。

次に血行の改善です。

血管を拡張して血流を増加させれば、毛乳頭や毛母細胞へ栄養分や酵素が多く運ばれますので、“発毛命令”や細胞分裂の活性化が期待できます。

又、シャンプーなどでカサついた頭皮を保湿することで、炎症やフケを抑えて頭皮環境を整える効果も狙っています。

男性用育毛剤の原理を要約しますと、「脱毛ホルモンの生成抑制と血流の増加、頭皮環境を整える」ということになります。

このような育毛剤はストレスや生活習慣による脱毛には、あまり効果が期待できないかもしれません。

結論!総合的にみて一番おすすめできる育毛剤は?

osusume2 toprank1
toprank022toprank3 toprank044 button
育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】 > もっとできる育毛対策 > 育毛剤はなぜ効果ある?薄毛のメカニズム解説【AGA対策とは?】

関連記事

  1. 育毛剤ブブカの効果は?ネット口コミ評判で1位?【使い方は?】
  2. ノコギリヤシは育毛に効果ある?【育毛剤としての効能は高い?】
  3. 育毛剤の有効成分ミノキシジルとは?【血行促進と育毛の関係】
  4. 育毛剤にはどんな効果がある?【ヘアサイクルのメカニズムは?】
  5. リアップの効果は本当?副作用はないのか?【口コミ徹底分析】
  6. 育毛剤で髪が戻る?おすすめの育毛剤とは?【芸能人の成功例】
  7. 育毛剤の返金保証って本当?使用後でも大丈夫?【注意点は?】
  8. 育毛剤男性に人気なのは?チャップアップとブブカ比較【口コミ】
  9. 育毛剤男性におすすめは?口コミで選んだ市販商品【効果あり】
  10. 育毛剤と発毛剤と養毛剤の違いとは?効果は?【併用って可能?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)