育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】

育毛剤にはどんな効果がある?【ヘアサイクルのメカニズムは?】

髪の毛はどうやって生えてくるのか?


皆さんもご存知だと思いますが、髪の毛は定期的に抜けたり生えたりを繰り返しています。

生え替わる期間は2年から6年と言われています。

生えてから抜けるまでの期間をヘアサイクル(毛周期)といい、その過程は「成長期」「退行期」「休止期」の3段階に分けられます。

通常、頭皮の毛穴からは数本の毛髪が生えますが、その1本1本ごとにヘアサイクルが異なります。

髪の毛の根元には毛根がありますが、ひとつの毛穴には2本から3本の毛根が毛包に包まれているのです。

毛根の根元には毛乳頭と毛母細胞があり、毛乳頭が「髪の毛を作れ」と指令を出すと毛母細胞が分裂して髪の毛が成長していくのです。

ヘアサイクルについて知ろう!


ヘアサイクルの3つの段階について、もう少し踏み込んでお話ししましょう。

成長期

髪の毛が生え続けている時期で、頭皮に現存している髪の毛の約90%がこの段階です。

この時期は毛母細胞が盛んに分裂を繰り返して、髪の毛を上へ押し上げていきます。

その押し上げられる長さは、1日約0.3mmと言われています。

この期間は髪の毛は伸びるのと同時に太く力強く成長していくのです。

ですから、定期的な散髪が必要なのです。

退行期

毛母細胞の分裂が弱まり、髪の毛の成長が急激に弱まります。

期間は2週間程度と言われています。

休止期

毛母細胞の分裂が止まるので、髪の毛の成長もストップします。

期間は3ヵ月から4ヵ月程度です。

毛根部で次世代の成長期が始まると、下から新しい髪の毛に押し上げられるように古い髪の毛は抜け落ちていくのです。

これが、髪の毛のヘアサイクルです。

その期間は、2年から6年間。

ですから、髪の毛は永久に伸び続けるわけではありません。

ヘアサイクルの周期は長くても6年ですから、

0.3mm(1日の成長)×365(日)×6(年)=657mm

理論上は、最長に伸びる長さは“65センチ7ミリ”程度までで、それ以降は抜けてしまう計算です。

育毛剤の役割・血行を良くする


血行促進は、全ての育毛剤について当てはまる効果と言っても過言ではありません。

昔から、“頭皮の血流を良くすれば髪の毛が生えやすくなる”という効果は信じられていたようで、トウガラシを使った育毛剤もありました。

これは、トウガラシの辛みエキスを頭皮に塗ると頭皮が暖まってお風呂に入ったときのように血管が広がって血行促進をはかるというものだったように記憶しています。

現在では、ミノキシジルと言われる血管拡張効果がある成分が主流になっています。

血行を良くすると頭皮の血流が増えるので、毛根部分に栄養や酸素が充分に行き渡るために髪の毛が育つと言われています。

逆に頭皮の血流が悪くなると、途端に髪の毛の成長が悪くなりヘアサイクルが乱れて薄毛につながる事が確認されています。

頭皮の血行不良の原因として考えられること


頭皮の血流の善し悪しは、自分では確認できません。

ここで、簡単な自己診断方法をご紹介します。

まず、慢性的な低血圧や貧血の人は血行不良が考えられます。

日常的にストレスや不安が多い人は精神的に弱っている状態にありますから、精神疾患の可能性があります。

精神疾患を発症していると自律神経の中の交感神経が乱れてしまい、貧血やイライラの原因となり血流にも影響がでます。

又、食生活で“脂っこいもの”が好きだったり、太り気味の人は血管内にコレルテロールが溜まって血管の内側が細くなっている可能性があります。

このような人も、血流不良になりやすいです。

ご自身に心当たりがないか、今一度、確認してみて下さい。

細胞分裂促進


ヘアサイクルの“成長期”の際に説明したように、髪の毛が育つためには毛乳頭から毛母細胞に「髪の毛を作れ」という命令が出て、それを受け取った毛母細胞は細胞分裂を繰り返して髪の毛を作っていくのです。

育毛剤には、この細胞分裂を促進させるための栄養分などを供給する働きもあるのです。

頭皮環境を整える

脱毛や薄毛の原因の一つに“毛穴詰まり”があります。

これは、頭皮の皮脂やフケ、老廃物、ホコリなどにより頭皮の毛穴が塞がった状態の事です。

育毛剤は頭皮ではなく毛穴から浸透するので、毛穴が塞がった状態ではどんなに効果がある育毛剤でも毛根まで到達しないので効果は表われません。

そこでシャンプーをするわけですが、シャンプーが肌に合わないと皮脂を取りすぎて乾燥肌になったりフケや痒みの原因になったりするので好ましくありません。

又、シャンプーだけでは頭皮や毛穴の浅い部分の汚れは落とせますが、毛穴の奥に詰まった汚れまでは落とせませんでした。

そこで、育毛剤の各メーカーでは独自に研究を重ねて、毛穴の奥に詰まった汚れを吸着洗浄することで毛穴詰まりを解決する製品を開発しています。

植物由来の成分やヒアルロン酸などを使っているために頭皮への刺激は無く、乾燥肌や炎症などの心配がないので、肌が弱い男性でも安心して使用する事ができます。

結論!総合的にみて一番おすすめできる育毛剤は?

osusume2 toprank1
toprank022toprank3 toprank044 button
育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】 > もっとできる育毛対策 > 育毛剤にはどんな効果がある?【ヘアサイクルのメカニズムは?】

関連記事

  1. 育毛剤はなぜ効果ある?薄毛のメカニズム解説【AGA対策とは?】
  2. 育毛剤ブブカの効果は?ネット口コミ評判で1位?【使い方は?】
  3. ノコギリヤシは育毛に効果ある?【育毛剤としての効能は高い?】
  4. 育毛剤の有効成分ミノキシジルとは?【血行促進と育毛の関係】
  5. リアップの効果は本当?副作用はないのか?【口コミ徹底分析】
  6. 育毛剤で髪が戻る?おすすめの育毛剤とは?【芸能人の成功例】
  7. 育毛剤の返金保証って本当?使用後でも大丈夫?【注意点は?】
  8. 育毛剤男性に人気なのは?チャップアップとブブカ比較【口コミ】
  9. 育毛剤男性におすすめは?口コミで選んだ市販商品【効果あり】
  10. 育毛剤と発毛剤と養毛剤の違いとは?効果は?【併用って可能?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)