育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】

育毛剤と発毛剤と養毛剤の違いとは?効果は?【併用って可能?】

ヘアケア製品には種類があるって本当?

0drsoprfe497b2de

発毛や育毛、薄毛や抜け毛対策など、ヘアケアに関する商品は数多く販売されていますね。
私も長年の間、薄毛に悩まされていますが、コレと言った効果が出る製品にたどり着けずにいます。

それは、何故か?

ネットの口コミなどの情報に惑わされて、とにかく“評価の高いモノ”を探し続けるばかりで、商品の特性を理解していなかったことにあると思います。

市販されている商品は“医薬部外品”ですが、それらは「育毛剤」「発毛剤」「養毛剤」に分けられます。

私も含め、これらの商品ユーザーの希望は“髪の毛を増やしたい”という事に尽きますよね。
しかし、“薄毛だから生やしたい”のか“薄くなってきたから抜けさせたくない”によってチョイスするカテゴリーが変ってくることに気がつく人は少ないのではないでしょうか?

単に「お腹が痛い」と言っても“胃痛に下痢止め”を飲んでも効果は出ませんよね。
つまり、それぞれのカテゴリーを理解する事によって的確に利用することができるのですから、ますはそこから始めましょう。

発毛剤とは?

40gnuraue44359

“毛が生えること”に特化した商品です。

毛母細胞に働きかけ、脱毛後に新たに毛髪が生える事を目的としています。
そのため、積極的に発毛が促進されるように毛母細胞の活性化や細胞分裂が期待できる成分を配合しています。

有名な成分にミノキシジルがありますが、現在、店頭で市販されている一部の商品を除いては医薬品に指定されているものが多く、それらは医師の診察と処方箋(健康保険適用外)が必要になります。

育毛剤とは?

51erko3hr51985

現存している毛髪の成長を促進したり、脱毛を予防する事を目的とした商品です。

市販されている“医薬部外品”と呼ばれるヘアケア用品は、このカテゴリーになります。

育毛剤の効果には以下の事が期待されます。
・頭皮の毛母細胞や毛根に作用し新陳代謝を促進して育毛を助ける。
・頭皮の血行を促進して毛乳頭への栄養補給を増加させて毛髪の成長を助ける。
・頭皮や毛穴の雑菌増殖や炎症を抑制することで脱毛を防ぐ。
・保湿成分で頭皮の乾燥やガサつきを防ぎ、頭皮環境を整える。

養毛剤とは?

53cc1crrph87248

養毛剤と言うと、なんだか古くさい“昭和レトロ感”を連想するのは、私だけでしょうか?
東京オリンピックや大阪万博の時代に父親が愛用していた“加味乃素”を思い出しますwww

余談はさておき
養毛剤は毛髪を保護して脱毛を防ぐことを目的としています。

皮脂やフケを抑え、栄養成分や保湿成分などを配合して髪を健康に保つ働きが期待できます。
おだやかな効き目で“化粧品”に分類される商品が多いカテゴリーです。

医薬品、医薬部外品、化粧品の違いを理解しよう!

hmpsori36844

今までご紹介してきた発毛剤、育毛剤、養毛剤、というカテゴリーの他に、医薬品、医薬部外品、化粧品という分類も出てきましたね。

商品の背面などに記載されている成分表示表の周辺に、医薬部外品とか化粧品と書かれているので確認できると思います。

これらについても、ご紹介しておきましょう。

医薬品は医師の処方箋がなければ入手できない“薬品”で、街中のドラッグストアなどでは購入できません。

効果や効能は医薬部外品や化粧品の中で最も高いのですが、同時に副作用のリスクもあります。

又、薬剤師がいる薬局では、薬剤師の指導の下で購入できる第一類、第二類、第三類医薬品もあります。

医薬部外品は、使用する事で改善効果や予防効果があると認められたもので、医薬品よりは緩和なので副作用のリスクも低いため、薬局だけでなくドラッグストアやインターネット販売が許可されている商品です。

市販されている育毛剤の大半は、医薬部外品です。

化粧品は、日本の薬事法では医薬品、医薬部外品の次に位置づけられる分類です。
体を清潔にしたり、見た目を良くするために皮膚などに塗布したりするもので、いわゆるコスメと呼ばれるカテゴリーに属します。

適材適所で使い分けよう!

fojtr22974

どうでしょうか?

発毛剤、育毛剤、養毛剤の区別や医薬品、医薬部外品、化粧品などの分類は理解できましたか?

これらのカテゴリーを良く理解した上で、発毛剤や育毛剤を選ばなければ“胃痛に下痢止め”のように見当違いになってしまいます。

市販の育毛剤を買ってきて「効かない」とか「お金の無駄遣い」などと言っている人の多くは、ここを勘違いしている事が多いのです。

一般のドラッグストアやネット通販で入手できるのは“育毛剤”で“医薬部外品”です。

つまり、まだ毛髪が残っている人が「これ以上の脱毛を予防したい」という目的で購入するもので、副作用が出ない程度の穏やかな商品です。

ですから、すでに頭髪が薄くなった人が「髪の毛を濃くしたい」と思って使用しても、そもそもの目的が違うので効果がでにくいのです。

植物に例えると、発毛剤はタネ、育毛剤は肥料です。

タネをまかない状態で肥料を与えても、芽はでませよね。
頭髪が薄くなった人が育毛剤を使うと言うことは、そういうことなのです。

生やすなら“発毛剤”、抜け毛予防は“育毛剤”

これが本来の使い方なのです。
ここを押さえておかないと、お金とストレスばかりが無駄にかかってしまいますよ!

結論!総合的にみて一番おすすめできる育毛剤は?

osusume2 toprank1
toprank022toprank3 toprank044 button
育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】 > もっとできる育毛対策 > 育毛剤と発毛剤と養毛剤の違いとは?効果は?【併用って可能?】

関連記事

  1. 育毛剤はなぜ効果ある?薄毛のメカニズム解説【AGA対策とは?】
  2. 育毛剤ブブカの効果は?ネット口コミ評判で1位?【使い方は?】
  3. ノコギリヤシは育毛に効果ある?【育毛剤としての効能は高い?】
  4. 育毛剤の有効成分ミノキシジルとは?【血行促進と育毛の関係】
  5. 育毛剤にはどんな効果がある?【ヘアサイクルのメカニズムは?】
  6. リアップの効果は本当?副作用はないのか?【口コミ徹底分析】
  7. 育毛剤で髪が戻る?おすすめの育毛剤とは?【芸能人の成功例】
  8. 育毛剤の返金保証って本当?使用後でも大丈夫?【注意点は?】
  9. 育毛剤男性に人気なのは?チャップアップとブブカ比較【口コミ】
  10. 育毛剤男性におすすめは?口コミで選んだ市販商品【効果あり】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)