育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】

育毛剤で髪が戻る?おすすめの育毛剤とは?【芸能人の成功例】

年を取れば薄毛にもなる

人間は加齢と共に体の細胞も衰えていくものです。
肌にハリがなくなり、薄毛も進行していきます。

多くの男性は、加齢とともにホルモンバランスが崩れて薄毛を発症してしまいます。

いわゆる“AGA(男性型脱毛症)”という薄毛です。

体は鍛えることで目に見える老化を遅らせることができますが、毛髪を鍛えるなんて聞いたことありませんね(ToT)
では、どうしたらいいのでしょうか?

芸能人だって人の子!年を取れば薄毛にもなる!!

芸能人でも薄毛が進行している人は大勢いますね。

お笑い界では、ブラックマヨネーズの小杉さん、フットボールアワーの岩尾さん、キャン×キャンの玉城さん、我が家の坪倉さん、ピン芸人では江頭2:50さんなど。

俳優では、竹中直人さん、渡辺謙さん、小日向文世さん、西村雅彦さんなど。

そして極めつけは「トリビアの泉」でいきなり坊主頭で登場し“へぇー”ではなく「えええっ?!」となって世間を驚かせた高橋克実さんなど。

昭和のフォーク界から現在でも活躍なさっている方々では、泉谷しげるさん、井上陽水さん、吉田拓郎さん、谷村新司さん、そして松山千春さん!
彼らは、若い頃のロン毛がいけなかったのでしょうね~(^_^;)

プロ野球選手にも大勢の方々が

この他、芸能人という枠からはちょっと外れますが、プロ野球界も結構”その筋の方”がいらっしゃいます。

大御所では、王貞治さん、衣笠祥雄さん、掛布雅之さんらを筆頭に山下大輔さん、高木豊さん、和田浩一さんなどがいらっしゃいます。

その中でも特筆すべきは、“ピッカリ投法”で周囲を和ませた“佐野慈紀(本名:佐野重樹)選手”です。

佐野選手は、自分が薄毛(というより毛が無い)であることを個性にしてハゲネタで周囲を笑わせていたようです。

そもそも、彼の代名詞となっている“ピッカリ投法”は、普段ノーワインドアップで投げている佐野選手が珍しくワインドアップで投げようとしたら、帽子が腕にあたってしまい帽子が吹っ飛んだことが始まりでした。

その際に佐野選手の“ピッカリ頭”がお目見えしたので、いきなりのことに相手のバッターは笑ってしまってタイムをかけたというエピソードが残っています。

この他にも佐野選手は、ご自身のことを「チビ、ハゲ、デブ」三拍子そろっている選手と自慢したり、フェンスに激突しても「怪我ない(毛が無い)」と言うほど薄毛を前面に笑いを取っていたそうです。

現役を引退した後のコーチ時代には自らを「スキンヘッドコーチ」と言ってみたり、「昔はノーエラー、今はノーヘアー」と相変わらずのハゲネタで周囲を和ませていたという伝説が残っています。

薄毛を脱却した芸能人はいるの?

なんだか、薄毛を肯定しているような流れになってしまったので、話をモトに戻しましょう。

ここからは、薄毛を克服した芸能人の方々のお話をご紹介します。

ナインティナイン岡村隆史さんの場合

岡村さんの場合は、薄毛芸能人という印象が強くありませんが、2010年頃には薄毛がかなり進行していたと言われています。

フロントから頭頂部にかけて全体的に薄かったので、水に濡れることがなければあまり分らなかったようです。
しかし、髪の毛1本1本がすごく細く、頭皮が透けて見えるほどの薄毛だったようです。

そんな岡村さんが薄毛治療をしているという事が発覚したのは、ラジオ番組で共演した出川哲郎さんにバラされたことがきっかけでした。

その後、岡村さんはラジオ番組で薄毛治療について語っているので、その内容をご紹介しましょう。

岡村さんは通院してAGA治療を行なっているようです。

植毛ではないと言うことです。
処方される薬は頭皮に塗るタイプのものだったのですが、頭がベタつくので使っていないとラジオ番組の中で語っています。

という事は、岡村さんは飲むタイプの育毛剤で治療しているということになります。

AGA治療薬で飲み薬と言えば、日本ではプロペシアになります。

しかし、男性ホルモン治療だけで岡村さんほど短期間で効果は出ないと思われますから、更にミノキシジルの併用していることが考えられます。

それも頭皮に塗るタイプではなく、内服薬という事が考えられます。
試算では、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの両方を服用すると、月額3万円程度の費用がかかります。

でも、岡村さんの場合は短期間でしっかりとした成果が残っているので、3万円でも安いと思いませんか?

サッカー選手・ゴン中山さんの場合

元サッカーの日本代表である“ゴン中山(中山雅史)”さんも引退間際の頃にはかなり薄毛が進行していました。

ゴンさんの頭髪の変遷を見てみますと、1993年(ゴンさん26歳)のいわゆる“ドーハの悲劇”の頃は長髪でフサフサしたしっかりとした髪の毛が大量に生えていました。

しかし、2007年(39歳)の頃にはM字が進行してスカスカ状態に、更に2012年(45歳)の現役引退時にはポヤポヤした頼りない毛が生えているだけで、危機的なヒヨコ毛状態まで進行していました。

このまま、行くとことまで行ってしまうのか?!
と誰もが危惧していましたが、現在はどうでしょう!

見事に復活していますね!!

誰も引退間際のゴンさんのヘアスタイルは覚えていないのではないでしょうか?!

ゴンさんの治療方法は、「色々食べて色々なもの(育毛剤など)を頭にかけてマッサージをした」という事以外明らかにされていませんが、結果として薄毛が治ったのですから「お見事!!」という他にありません。

彼らの存在は、薄毛に悩む人の“はげみ”になることだけは間違いありません!

結論!総合的にみて一番おすすめできる育毛剤は?

osusume2 toprank1
toprank022toprank3 toprank044 button
育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】 > もっとできる育毛対策 > 育毛剤で髪が戻る?おすすめの育毛剤とは?【芸能人の成功例】

関連記事

  1. 育毛剤はなぜ効果ある?薄毛のメカニズム解説【AGA対策とは?】
  2. 育毛剤ブブカの効果は?ネット口コミ評判で1位?【使い方は?】
  3. ノコギリヤシは育毛に効果ある?【育毛剤としての効能は高い?】
  4. 育毛剤の有効成分ミノキシジルとは?【血行促進と育毛の関係】
  5. 育毛剤にはどんな効果がある?【ヘアサイクルのメカニズムは?】
  6. リアップの効果は本当?副作用はないのか?【口コミ徹底分析】
  7. 育毛剤の返金保証って本当?使用後でも大丈夫?【注意点は?】
  8. 育毛剤男性に人気なのは?チャップアップとブブカ比較【口コミ】
  9. 育毛剤男性におすすめは?口コミで選んだ市販商品【効果あり】
  10. 育毛剤と発毛剤と養毛剤の違いとは?効果は?【併用って可能?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)