育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】

ナノインパクトはコスパもインパクト!【1ヶ月で何本使う?】

n-ti04
n-12
button

ナノインパクトプラス【本音の口コミ】

ホソカワミクロン化粧品の「ナノインパクト」は、2006年に発売が開始されました。2009年にリニューアルされ「ナノインパクトテラ2.0」という名称に変りました。販売にサントリーが加わり、一気に知名度が上がったそうです。

当時の製品は、使用する直前にパウダーとローションを混ぜてから使うという、少々手間がかかる仕様だったようです。

そこから、更に改良されたのが今回試用した「ナノインパクトプラス」で、現在の最新ヴァージョンです。この製品は通常の育毛剤と同じで、そのまま使用することができます。前ヴァージョンのように使用前にパウダーとローションを混ぜるものではありませんから、手軽に使うことができます。

ナノインパクトの「ナノ」とは、「補助単位のナノ」という意味です。

少々、育毛から話は逸れますが。補助単位とは「0(ゼロ)の数を少なくして数値を分りやすくするための単位」です。

大きい方の補助単位は1の1、000倍がキロ(k)、1kの1、000倍がメガ(M)(メガ盛りのメガです)、1,000Mがギガ(G)、1,000Gがテラ(T)となっています。小さい方では、1/1000がミリ(m)、1/1000mがマイクロ(μ)(マイクロシーベルトのマイクロです)、1/1000μがナノ(n)になります。

つまり、1ナノは1/1000,000,000という小ささという気の遠くなるようなサイズという事です。

それだけ小さな粒子で構成された成分が頭皮から毛穴を通って毛根へ到達するので、育毛に有効であるという事です。

ホソカワミクロンは育毛に真剣に取り組んでいる会社で、製品とともに色々な資料が同梱されてきます。その中に「髪技新聞(多分、カミワザしんぶんと読むのでしょうね~)」という新聞があり、ナノサイズの小ささが分りやすく解説されています。

【同梱の髪技新聞】

n-13

そこには、頭皮の毛穴を野球場に例えてナノインパクトの成分粒子の小ささを判りやすく説明しています。

毛穴を野球場に例えると、ナノインパクトの成分粒子のサイズは・・・何と!野球のボールより小さいということになるそうです。

それだけ小さい粒子だからこそ、毛穴の皮脂をもすり抜けて有効成分が毛根まで到達することができるそうです。

毛根まで到達した「PLGA」と呼ばれる有効成分は、毛穴の水分によって徐々に分解されていくという特性があり、10時間に渡って血行促進作用が持続するというのがナノインパクトの育毛理論です。

【PLGAナノカプセルの説明】

n-14

2週間経って発毛状況に変化があったかというと、特に変わりはありません。

しかし、初回に使用した際に感じた「ややベタ付いた重い感じ」は乾いてしまえば全く問題有りませんでした。塗布直後にマッサージして手に付いた薬液は「手洗いしないと違和感がある」という感じですが、乾いてしまえばベタ付くことが無く使用後に髪の毛が寝てしまうことも無かったので、外出時でも問題なく使用できました。

育毛剤は、数ヶ月間は使用しないと効果が表れません。

ですから、違和感があると途中で使用するのがイヤになってしまいますが、これなら長期にわたって安心して使用できると思います。

なんと言っても、塗布後のメントールによる爽快感が癖になります。

ちなみに、ナノインパクトの口コミを読んでいて「ネットで語られているようなスッキリ感が感じられない」という書き込みを見つけました。

しかし、皆さんに誤解して欲しくないのはナノインパクトは育毛剤なので、過度な刺激物は含有されていないということです。

ですから、一般のヘアトニックのようなハッキリとした爽快感やアルコール感たっぷりのスーッとした感じを期待するのは、最初から「おかどちがい」なのです。

私はM-1育毛ミストポリピュアリアルラゾンなど他社製品を試してみましたが、それらを塗布した時の感想は「水を付けているみたい」な無刺激でした。

それに対してナノインパクトは塗布後にスーッとした爽快感があるという程度の感覚です。「爽快感を感じられない」と言った意見は、アルコール成分を含有した育毛剤を使用した人がナノインパクトに対して同様の期待をしたのかもしれません。

もしくは、シャンプーしても毛穴の汚れが取れていないのかもしれません。あくまで個人の感覚の差からくる意見なのでハッキリと結論が出る性格のものではありませんが、爽快感を重視するのなら普通のヘアトニックをお勧めします。

ナノインパクトの使用感は全く問題ないのですが、最大のマイナスポイントは

「量が少ない」

という事です。

今回、2週間の体験レビュー期間があったのですが、2週間でほぼ1本使ってしまいました。

しかも、頭部の左半分(右半分はM-1レビュー中です)しか使用していないのにも関わらず、ほぼ使い切ってしまったのです。

しっかりとした結果を出そうと思い、私の1回の塗布量が多かったのかもしれませんが、それでも頭部のは半分しか使っていないのですから、普通に頭部全体に使っていたら確実に2週間で使い切ってしまうのではと思われます。

1ヶ月で2本使うとなると、\7,560×2なので、\15,120と少々お高く付いてしまいます。

薄毛族にとっては、多少高く付いても発毛すれば万々歳なので最低3ヶ月くらいは試してみたかったのですが、残念ながら次のレビューが待っているので、ナノインパクトプラスはこれにて終了です。

Rich太郎によるナノインパクトプラス総合評価!

nano-matome
n-01

  • ナノカプセル処方でPLGAが頭皮の中まで届く!
  • メントールの爽快感が良い!
  • 量が少ないので直ぐになくなってしまう!
  • 一度注文すると自動的に定期になるので注意!

hoshi6

button

結論!総合的にみて一番おすすめできる育毛剤は?

osusume2 toprank1
toprank022toprank3 toprank044 button
育毛剤おすすめランキング!効果・即効性は?【私の写真付体験】 > ナノインパクト【本音の口コミ】 > ナノインパクトはコスパもインパクト!【1ヶ月で何本使う?】

関連記事

  1. ナノインパクト効く?効果より高価!【驚!単価計算の結果?】
  2. ナノインパクトのシャンプー類?使用感良好!【その効果は?】
  3. ナノインパクトの通販は?要注意!【自動入会と価格の秘密?】

トラックバックURL

http://www.ikumouzai-real-review.com/nanoimpact/nanoimpactreview4.html/trackback

1件のコメント »


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)